ビジネス看護師として選ばれる存在に育成します         院内報や新聞に記事を載せる前に読むビジネス看護師ブログ - 悩みを解決したい方のための【ビジネス看護師ブログ】 人気記事一覧

院内報や新聞に記事を載せる前に読むビジネス看護師ブログ

訪問ありがとう!
ビジネス看護師のTAKASHIです

もしも君がマイナビ看護に自分のことを

紹介しなければならなくなったとする

別にマイナビ看護でなくても

いいけど(笑)

院内の院内報でもいいし

地域の新聞記事でも同様です

ついつい、記事依頼やアピール依頼が来ると

一般的な当たり障りのない内容を書いてしまいがちだが

ビジネス看護師として

できれば、君にしか書けない攻めの内容を書いてほしい!!

私が先日職場に提出した

マイナビ看護の原稿をご紹介しよう!




★ 認定看護師としてのアピール、特徴について教えてください

あなたは脳卒中がどんな病気か知っていますか?
あなたが街を歩いていると、正面から右腕を体幹につけ、
右足を外に振り出しながら歩いてくる男性とすれ違ったことはありませんか?
その方は、少し前まで普通に仕事をし、
家族や友人と普通の生活を送っていたはずです。
ある日、急に言葉が出なくなり、右の手足が動かなくなった。
意識を失い、気付いたら病院のベッドに横たわり白衣を着た女性の顔が見える。
その方の気持ちが想像できますか?
驚きや不自由さ、将来への不安など、
次々に湧いてくるマイナスな感情に寄り添い、
一つまた一つとその方の悩みを解決する支えが必要ですよね。
それが私たち脳卒中リハビリテーション看護認定看護師の役割です。

★認定看護師を目指した理由

私は看護師になって17年になりますが、
最初から看護師を目指したわけではありません。
商業高校を卒業し印刷会社に就職。
人と話ができずに悩んでいた所、縁あって進路が変わり、
皆さんと同じ看護学校に通うようになりました。
准看護師、看護師を経て認定看護師になるまで、
神経難病病棟、緩和ケア病棟、脳卒中センターと多くの歩みがありました。
それは回り道のようですが、今思うと、
目の前の患者さんの役に立つために必要な回り道だったように思います。
「〇〇看護師になりたい」と具体的に思えない方も、
「患者さんの役に立ちたい」そう思って歩みを進めてください。
気付いた時には、あなたにピッタリの〇〇看護師にきっとなっていますよ。

★認定看護師として活動しているなかでのエピソード

最初は認定看護師として何をすればいいのか?と悩みました。
しかし正解はありません。職場や患者さんによって必要な支援は違うからです。
今では「何か困っていることはないですか?」と素直に聞くことにしています。
患者さんと一緒に歩んでいくと、
軽度の上肢麻痺の方がスプーンで食べるのを見て
ピンセットタイプの介護箸を100円均一で作成し普通の箸まで移行できた事例。
回復期の病院まで数か月にわたり会いに行き、
一緒に在宅まで寄り添えた事例など多くの出会いがあります。
あなたも看護師として歩み始めたら、
多くのエピソードが生まれることでしょう。
その一つ一つの出会いと経験を大切にし、
次の世代の看護師に話してあげてくださいね。

★学生の皆さんにメッセージやアドバイスをお願いします

当院の記事を読んでくださり、本当にありがとうございます。
そして毎日の勉強お疲れ様です。
大切なあなたに一つ質問があります。
看護師の役割とは何だと思いますか?
10秒間考えてみてください。
役割の一つに「患者さんの問題解決」というものがあります。
健康な時は当たり前にできていたことが脳卒中でできなくなりました。
その結果、患者さんが多くの悩みを抱えています。
頭が痛い。自分でトイレに行けない。これからのことを誰かと相談したい。
あなたにその問題を解決する知識がありますか?
技術がありますか?寄り添う気持ちがありますか?
今のあなたの成長は全てここにつながります。
ぜひ真剣に学び続けてください。心から応援しています。



こんな感じ!!

やっぱり私も看護部長室の手前

そこまで攻めた内容にはできなかったが(笑)

それでも、自分の提供できる価値は何か?

他の人ではなく、自分だからこその内容は?

そう考える必要がある

君はどうだろう?




いつものワークをやってみよう♪

1分間だけ使って書き出してみてほしい!


① あなたが最も得意なことは何でしょう?


_________________

② その中でも他の人ではできないことは何ですか?


_________________

どうだろうか?

何も大きな事でなくてもいい

大切なのは違いを見つけることだ!

大きく広げることではなく

小さく小さく絞ることだ!

最後に残った限りなく絞り込んだ個性が

君の個別性だ!

あとは怖がらず表出してみることだ

安心してほしい

自分には合わないと言う人もいるかもしれないが

絶対に、「勉強になった。ありがとう!」と

言ってくれる人がいることに気付くはずだ!

君もビジネス看護師として、

個性的な一歩を踏み出してくれたまえ!




Facebookでもつながり希望の方はこちら
https://www.facebook.com/profile.php?id=100014725478291



↓ 応援してくださる方は人気ブログランキングへ ↓

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント


人気ブログランキングへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。