ビジネス看護師として選ばれる存在に育成します         やる気が出ない看護学生が読むビジネスブログ - 悩みを解決したい方のための【ビジネス看護師ブログ】 人気記事一覧

やる気が出ない看護学生が読むビジネスブログ

訪問ありがとう!

ビジネス看護師のTAKASHIです


看護学生であるあなたは

准看護師の課程でしょうか?

正看護師の課程でしょうか?

看護師になる道はいくつかあります

それをあなたは知っているでしょうか。。。


別のところでも書きましたが

私は高校卒業後、20歳で印刷屋を辞め

准看護師になり

その後に夜間の学校で正看護師になりました

看護大学やストレートで3年制の

看護学校に行く子と比べると

随分な遠回りです


准看の学校当時に所属した病院は

入院患者が19床以下の医院

ほぼ身の回りのことは自分できるのに

自宅退院できない高齢者

いわゆる社会的入院の方ばかりです

みんな自分で洗濯機をかけ

一人でお風呂に入り、近所の商店街に

買い物に行く

そんな医院で、看護師は何をするのか?

想像できるでしょうか?





毎日、決まってビタミンの注射を打ち

検温に回る前に「問題なし」と記録に書き

電気治療や牽引のために手を引いてあげる

これが看護だ!!

・・・信じられますか?

昔は結構そんな医院があったんです

今は高齢化により医療費もひっ迫し

本当に医療の必要な人以外は

病院に入院できない仕組みに変わりました


当然、私は看護学校に通っても

全く授業が理解できない・・・

関節の名前、病態生理、薬学、看護介入

どこの世界の話かわからず

8割以上、最前列で寝ていました





「患者が良い看護師を育てる」

これは真理でしょう

看護とは。。。

「患者の健康上の問題解決」なのだから

まだ問題が起こってない高齢者に

看護はあまり必要ない

しいて言えば・・・

足腰が弱らないように集団レクをする

血液データを見て間食の指導をしたり

夏は脱水、冬はヒートショックの指導

安全に電気治療や牽引が受けられるように配慮することでしょうか


20代前半は少なくとも

急性期で経験を積む理由はここにある

そこならあなたは

発症から重篤化回避

異常の早期発見

治療、検査、手術前後の看護など

変化を実感することが出来るからです

なので、准看護学生時代の私を責めないでほしい

出来の悪い男性看護師だったというのもありますが

まったく看護がわからなかったのです


つまりやる気の出ないあなたのことを

私が責めることは絶対にありません!

だって、私がそうだったのですから

やる気が出ないのはあなたのせいじゃない

いや、やる気がないんじゃないんです

目的が明確じゃないだけなんです





それを気付かせることができない環境のせいなのです

「環境が人を作る」

これが人材育成の真実なのです!

もし、あなたのことをやる気がないと扱う教員がいれば

ビジネス看護師として、こう宣言することです!

「私はやる気がないんじゃない!」

「やる意味が分からないだけだ!」と

そして、看護の対象である

高齢者や患者に会いに行くんです

実習はもちろんですが

それ以外でボランティアでもいいんです

近所の高齢者や障害者と接点を持つんです

きっと、多くの不自由と

あながが必要とされる経験を多くすることでしょう

さあ、もう一度聞きます!

あなたは今やっていることの意味はわかっていますか?


友だち追加


Facebookでもつながり希望の方はこちら
https://www.facebook.com/profile.php?id=100014725478291
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント


人気ブログランキングへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。